着物の種類のランク

着物に関する豆知識

着物の種類のランク

着物の種類のランク 着物のランクは、値段で決まるものではありません。
女性の着物の場合は、大きく以下の5つに分けることができます。
①正装(礼装) ②準礼装 ③略礼装 ④お洒落着 ⑤普段着 ランクの高い順に上から説明しますと、まず、正装は礼装とも呼ばれ、 特別な時に着用するものです。
独身女性の第一礼装は振袖、既婚女性の第一礼装は「五つ紋付」の黒留袖/色留袖/色無地になります。
準礼装は、結婚式や披露宴に招待された時などに着用します。
「三つ(一つ)紋付」の色留袖/色無地/江戸小紋、または訪問着になります。
略礼装は披露宴の2次会やちょっとしたパーティなどに着用します。
「一つ紋付」の江戸小紋/色無地、または付け下げになります。
そしてお洒落着とは、ちょっと改まった感じのお食事会やお出かけなどに着用します。
小紋、紬、御召などになります。
最後に「普段着」とは、文字通り普段のお出かけに着用するものです。
ちょっとしたお買い物やお友達との軽いお食事会などに適しています。
小紋、紬、木綿、ウールなどの他、最近では浴衣も普段着として着用されるようになっています。

着物のランクの決まり方

着物のランクの決まり方 着物のランクには、第一礼装、略礼装、準礼装、その他、大きく分けて4種類あり、さらに、年齢や既婚・未婚によって細かく分けられます。
第一礼装とは、黒留袖、色留袖、本振袖、喪服などの、公的な儀式で着用する着物です。
次に略礼装、準礼装と言われるものは、色留袖、訪問着、江戸小紋、色無地、振袖など、華やかさがあり、場合によっては紋の入ったものを用意することもあります。
そして一番身に着ける機会が多くなるのが、外出着やおしゃれ着としての着物です。
付け下げ、小紋、絞りや浴衣などがこれにあたります。
それぞれのランクの中でも、素材や染め、刺繍の有無などでも分けられます。
正絹ならばランクが高く、綿、麻、ウールなどは普段着に向きます。
着物のランクの決まり方は、見たり触ったりするととても分かりやすく、ランクの高いものは華やかであり、着心地がよく、とても手間をかけて作られていることが分かります。
自身の年齢や、着ていく先、季節などにぴったり合った一着を選ぶことが大切です。

新着情報

◎2017/11/20

代々受け継いでいこう
の情報を更新しました。

◎2017/9/26

着物の種類のランク
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

お洒落なリメイク方法
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

着物にアイロンをかける方法
の情報を更新しました。

◎2017/2/6

着物を着こなす女性
の情報を更新しました。

「着物 ランク」
に関連するツイート
Twitter