着物の種類のランク

着物に関する豆知識

着物は代々受け継いでいこう

着物は代々受け継いでいこう 良い着物は一生ものです。
大切にしていれば、洋服とは違い、祖母から母へ、母から娘へ・・と代々受け継いでいくことができます。
時代を超えて繋がっていくものなのです。
「帯はボロになる寸前が最も美しい」という言葉があります。
沢山の人に愛され、長い間継承され続けてきたものには、単に古いだけではない、その奥にある美しさがあるのだそうです。
一生のうちに、女性が洋服にかける金額は1千万以上と言われているのだそうです。
勿論洋服は、着物と比べたらとてもお安いし、簡単に自分で着脱ができるし、家でお洗濯もできます。
でも、着物なら、孫の代になってもひとつも処分されることなく大切に保管されているかもしれませんが、洋服は間違いなく自分の代で終わりです。
孫どころか、娘にさえ継承は無理です。
流行があるからです。
でも、着物には流行はありません。
数十年前のものを着ていたとしても、少しもおかしくはないのです。
むしろ、古さゆえの素晴らしさが醸し出されているものなのです。
日本の民族衣装を、是非長く継承してゆきたいものですね。

着物を種類ごとにランク分け

着物を種類ごとにランク分け 日本の民族衣装であり、正装としても着用できるのが着物です。
一概に着物と言っても、すべてが同じランクというわけではありません。
来て行く場所や用途によって、ランクが決まっているのです。
種類によってランク分けをしてみましょう。
まず、未婚女性の第一礼装は本振袖です。
既婚者なら黒地に五つ紋の黒留袖となります。
葬儀の場合は黒紋付です。
略礼装としてはミス、ミセスに関係なく着られるものとして、格の高いものから色留袖、訪問着、付下げとなります。
その他気軽なパーティなどでは色無地、江戸小紋なども着用できます。
また小紋や紬はカジュアルなパーティやちょっとした外出用として着用します。
その他、ウールのアンサンブルなどは普段の外出やお部屋着として楽しみましょう。
このようにもともと着物は厳格にランク分けされていましたが、現代ではあまり気にせず好きなように楽しむ方も増えているようです。
基本は抑えて、TPOに合わせておしゃれとして楽しむのも、着物に親しむためには良いことかもしれません。

新着情報

◎2017/11/20

代々受け継いでいこう
の情報を更新しました。

◎2017/9/26

着物の種類のランク
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

お洒落なリメイク方法
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

着物にアイロンをかける方法
の情報を更新しました。

◎2017/2/6

着物を着こなす女性
の情報を更新しました。

「着物 種類」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Temporary failure in name resolution in /home/nlmc9bzy/jumpmanualinvestigated.com/syurui.html on line 154

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%9D%80%E7%89%A9+%E7%A8%AE%E9%A1%9E): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Temporary failure in name resolution in /home/nlmc9bzy/jumpmanualinvestigated.com/syurui.html on line 154