着物にアイロンをかける方法

着物に関する豆知識

着物にアイロンをかける方法

着物にアイロンをかける方法 始める前にまず用意するものが4つあります。
かけるための台とアイロン、当て布に霧吹きです。
当て布はのりを落とした薄手の木綿の白い布が理想的ですが、用意できない場合は手ぬぐいか手ぬぐい程度の厚さの白い布であれば問題ありません。
霧吹きは和服の素材によっては縮んでしまう種類もあるので、場合によっては使わないこともありますが用意して損はないです。
4つの道具を揃えたら、まずアイロンの温度を中温に設定します。
そして台に着物のシワが目立つ場所を置いて当て布を敷き、そこに温めておいたアイロンを当て布の上に置きます。
軽く抑えるような感覚で置いたら、一度当て布を外してシワの様子を確認します。
もしも着物のシワが取れていなかった場合、今度は当て布を当てた後で小刻みに動かしていきます。
左右に素早く動かした後でもう一度当て布を外し、シワが取れていたら良いですが、それでも取れていなかったら当て布に霧吹きをかけて熱を当てます。

着物のお手入れで気を付ける事

着物のお手入れで気を付ける事 日本の伝統的な服装である着物。
最近はお正月などの特別な日だけに着るのではなく、普段から着ましょうという動きも広まって、日常的に着る方も増えているようです。
でも着物だって洋服と同じで、帰ってから脱いだら終わりではありません。
洋服を洗濯してアイロンがけをするように、着物も毎回のお手入れが必要です。
まずは専用のハンガーにかけて日陰に干しましょう。
そして汚れのつきやすい襟元、袖などをしっかり確認します。
ファンデーションや油汚れ、汗などがついていたら早めの処理が重要です。
汗が多く含んでいるなと感じたら、霧吹きで水分を与え、乾いたタオルで軽く叩くようにします。
強くしたり水分を多めにすると絹が傷み色や形も崩れてしまうことがありますので慎重にしましょう。
着物についたシミをとるときには絶対にこすってはなりません。
ファンデーションや口紅などの油もののシミは、ガーゼにベンジンを含ませたものなどでトントンと軽く上から叩くようにします。

新着情報

◎2017/11/20

代々受け継いでいこう
の情報を更新しました。

◎2017/9/26

着物の種類のランク
の情報を更新しました。

◎2017/7/26

お洒落なリメイク方法
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

着物にアイロンをかける方法
の情報を更新しました。

◎2017/2/6

着物を着こなす女性
の情報を更新しました。

「着物 手入れ」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/nlmc9bzy/jumpmanualinvestigated.com/teire.html on line 151

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%9D%80%E7%89%A9+%E6%89%8B%E5%85%A5%E3%82%8C): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/nlmc9bzy/jumpmanualinvestigated.com/teire.html on line 151